イワサキ経営スタッフリレーブログ

2018年07月

2018.07.24

AIと共存する未来 ~雛田 昌孝~

 ロボットやAIの登場によって、近い将来、人間の仕事が確実に奪われると言われています。このようなことが度々メディアで報じられ、各方面で議論を巻き起こしてきました。確かに彼らのせいで「あなたは今日からクビです」なんて言われる場面を想像すると、「AIなんかに!」と叫びたくなるのも分かります。しかし考えてみると、私たち人間はこれまでもイノベーションが起こる度に仕事を失ってきました。蒸気機関車のかま焚き、電話交換手、灯台守・・・。技術革新と失業はいつの時代もセットでした。そしてその代わりになる仕事を見つけてきたのも人間です。彼らが人間の仕事を奪う未来が見えているのならば、それを受け入れてどう対処するか考えるべきだと思います。次の技術革新の大波が迫る私たちのこれからについて考えてみます。

政府が「ワークシェア」と呼ばれる「他の労働者と仕事を分かち合う働き方」の政策を打ち出すことで失業率を抑えると言われています。ただ、これにも問題があります。失業者を含む全職業人口で残り少なくなった仕事を分け合うので、ひとりひとりの仕事量や出勤する回数が減り、収入も減ってしまいます。では、多くの人々が将来貧しい暮らしを送ることになるのでしょうか。
国民の多くが失業した未来では、やはり経済が大混乱します。しかし従業員がロボットに置き換わったことで会社は以前よりずっと儲かるでしょう。そのため国民の1%にあたる資本家たちが大きな富を手にします。富裕層は手にした富でこれまで以上に贅沢品を買い漁り、その結果、仕事が消滅する以前の水準までGDPが戻って、「経済は順調」という発表が政府からなされます。そして政府は富裕層や仕事のある中流層から税金を徴収し、失業した国民に生活保護手当を支給するでしょう。このようにして経済は均衡します。
一方、人々の仕事がなくなると、むしろ儲かる人も出てきます。この行き過ぎた社会の均衡こそ、将来私たちが本当に危惧すべき問題です。
数十年後、人類はロボットやAIとどのようなお付き合いをしているのでしょうか。AIに負けない対策として、仕事機械にはできない人間ならではの能力をつける基礎固めをどれだけ実践できるかで変わってくるのかもしれません。

2018.07.24

IoT(Internet of Things) ~田村 高志~

 昨今Googleの囲碁AIが世界最強の棋士を打ち負かしたことや、自動運転開発のために自動車メーカーとIT企業が提携したこと、今後10~20年で、職種の半分以上はAIに取って代わられるかもしれないことなど、遠い未来の話しと思っていたようなニュースを、いつの間にか毎日のように耳にするようになりました。AIや自動運転は、社会や経済に大きな影響を与えるような話題ですが、さまざまなビジネス領域においても、同じように情報技術革新が進行しています。

また、あらゆるモノがインターネットに繋がるIoT、金融業界のFinTech、製造業のインダストリー4.0やスマートファクトリー、流通業のオムニチャネルなど、現在、あらゆる業界で新しい技術の利用が始まりつつあります。
今回はこの中でもIoTに着目してみたいと思います。IoTとはInternet of Thingsの略で、自動車や家電製品、工業機器、医療機器、スポーツ機器など、ありとあらゆるモノがインターネットに繋がっている状態のことを言い、モノ同士が連携することを想定しています。身近なモノを考えてみると、バスにGPSやセンサーを搭載し、停留所ごとの乗客の乗り降りや停留所間の乗客数の把握、停留所の位置や運行時間の見直しを図ることで赤字路線を解消した例や冷蔵庫がインターネットに繋がっていれば、中身を検知して足りない食材を自動的に発注したり、また、クックパッドなどで冷蔵庫の中にある材料で何が作れるか、そのレシピなどもわかるようになってきます。
また、AmazonDashButtonというものをご存知でしょうか。これは飲料水やビール、オムツや洗剤などの日用品がなくなりそうになったときにボタン1つで即座に注文することのできるサービスです。ボタンを冷蔵庫などに貼り付けておき、日用品がなくなりそうになったらそのボタンを押すとその瞬間に自動で発注がかかり、翌日に日用品が届くという非常に便利なもので、日本でも既に展開され、認知度も広がりつつあります。
今後、スマートフォンからIoTへのシフトが起こり、近い将来にはIoT機器の数がスマートフォンの数を上回ると予測されています。
これらを踏まえて、今後我々はAIやIoTとの付き合い方をしっかりと考えていかねばならないと思います。

カレンダー

«7月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31