イワサキ経営スタッフリレーブログ

2015年08月

2015.08.12

待機児童問題 ~富山 友登~

 現在待機児童数は、平成24年現在で24,825人となっており、増加し続けていた待機児童数は2年前のピーク時以降、2年連続でわずかながらではあるが減少しています。

では少子化と叫ばれてずいぶんたつのになぜ待機児童が減らないのでしょうか?減らない理由としていくつか考えられるのですが、一番大きな理由は不景気だと思います。景気の悪化によって夫の給料が下がり、ボーナスがカットされ働かなければならない専業主婦は増加し保育所に入所させる子供の数が増えてしまったのです。その他にも女性の社会進出についても原因の一つだと思います。出産を機に退職していた女性も、ある程度の地位を得て、仕事内容に誇りを持っていると出産しても仕事をしたいと思うものです。
このような現状が続く中でH27年度から子育て支援新制度による待機児童解消対策が取り組まれおり、子育ての相談や一時預かりの場を増やす等地域のニーズに応じた多様な子育て支援をより一層充実させることや、補助金の対象となる施設を増やして待機児童を減らす等の目的として制度の取組が進められています。
~新制度取組~
実際には保育士が安心して仕事が出来るために行政から処遇改善として平均勤続年数に応じた加算率により保育所運営費に上乗せして支給するものがあります。さらに保育士の資質向上のための保育従事者の保育士資格所得に対する支援費が支給されることになっており、運営費以外での多くの加算が予定されています。
2011年に保育施設で亡くなったと厚生労働省に報告のあった子供は14人、2012年に18人、2013年に19人となりつめこみ保育が可能になったことで十分な態勢のとれていない保育施設で児童が亡くなるケースが増加しているなかで、いかに保育士、保育環境の質を高めることが重要かがうかがえます。
法的な支えがほとんどない中で待機児童や保育の現場の課題を解決するのはとても難しいですが、日本に住む子供たちにとって最良の場所を、子供のまわりにいる大人たちがきちんと作ることを考えていくことが大事だと思います。

2015.08.12

訪日外国人観光客をどう取り込むか ~西島 佳祐~

 最近、ニュースで外国人観光客が増加していると報道されています。観光地を訪れると、確実に外国人を見かけるようになりました。実際、どのくらい増えているかというと、訪日外国人数は、5年前の2010年には約860万人、2011年は東日本大震災の影響もあり621万人と減少するものの、その後は2012年835万人、2013年1,036万人、2014年1,341万人と増加傾向にあります。

訪日外国人の旅行支出額は、2014年は約2兆円、一人平均151,174円となっています。旅行消費が日本国内にもたらす経済効果は、2012年のデータでは、旅行消費に対する直接効果だけで21.5兆円と、我が国のGDPの2.3%を占めています。
少子高齢化が進み消費者人口の減少が進む日本にとって、外国人観光客の消費は、日本経済にとって、無視できない存在であると考えます。
さて、そこでさらなる伸びが考えられる外国人観光客に対してどうしていかなければいけないかが重要な課題になります。例えば、案内文等の多言語表記、宗教上の理由で食べられない食材への配慮等、言語・文化・習慣の違う方々を受け入れていくということは、今までとは違った知識や努力が必要になります。
しかし、これは言ってみれば「チャンス」です。サービス業だけでなく、消費されるものを作る農業、工業、など波及するすべての産業にとってチャンスです。この課題をクリアすればおのずと集客が見込めるならば、やらない手はありません。欲を言えば、競合との差別化まで考えたいところです。
東京オリンピック開催に向けて、世界で日本の注目度は増しています。ますます訪日外国人の数は増加していくと思いますが、それがブームで終わってしまうのではなく維持されるよう、「いつか行ってみたい国」「また来たい国」、と思わせる工夫をして、外国人観光客を増やしていくことを、今から目指していくべきだと思います。

カレンダー

«8月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31