イワサキ経営スタッフリレーブログ

2014年08月

2014.08.21

繁栄の秘密は?~島田 雅光~

 先日、ある介護事業所のお客様の所に訪問しました。スタッフの方は、皆さんとても明るくて大きな声で挨拶されていました。

そこで、最近私の会社で参加した朝礼フェスティバルのことをお話ししたいと思います。当社で加盟している経営者の団体で朝礼フェスティバルin静岡大会というのが行われました。東部・中部・西部の選抜チームがそれぞれ日頃行われている朝礼のデモンストレーションをステージ上にて行いました。日頃はあまり大きな声を出さない人も今日は、はきはきと大きな声で「おはようございます・いらっしゃいませ・ありがとうございました」とお辞儀をしながら行いました。10数名が横一列にならんで一斉にあいさつするのは壮観です。他の事業所でも、女性の方が挨拶リーダーになって、大きな声で社員全員を指揮しているのはとても見ていて気持ちが良かったです。
今回の朝礼フェスティバルに参加された方の感想として、一日の初めから大きな声を出すのはとても気持ち良かったとか、参加者全員でリズムを揃えることで、周りの人の気づかいをするようになったとか、普段の仕事の一面とは違った一面を見られて親近感を感じたなどです。
今回、朝礼フェスティバルという特別な機会があったので、あらためて日頃の朝礼のありかたを見直す機会ができましたが、今回の朝礼フェスティバルに向けての練習を朝早く集まって行う過程で普段あまり仕事の接点が無くて話をする機会が無い人とも、より良い朝礼をするにはどうしたら良いかと会話をするようになり、社内活性化のとても良いきっかけになりました。
冒頭の介護のお客様の話に戻りますが、皆さんとてもはつらつとしていて、お年寄りの方にとても丁寧に気配りされているのを見ているとこの事業所に将来自分の親を預けてみたくなります。
また、ひととおりのリハビリ運動が終わったあとには、施設の外に足湯施設があり、何名かが足湯にゆっくり浸かりながらさらに利用者さん同士で世間話をしたり、コミュニケーションを深めているのを見ると、これもサービスの一環として差別化を計っているのかと感じました。経営の繁栄の秘密は意外ととても難しい経営理論では無くて、もしかしたらすぐ身近なところにあるのかも知れません。

2014.08.21

自分を伸ばす人~高島 正明~

 皆さんは「セルフイメージ」と言う言葉を聞いたことがありますか?自分で自分をどう思っているかを持っており、人生に起こるすべての事象がセルフイメージの影響を強く受けるということのようです。

私たちの「セルフイメージ」は、主に小さい頃にできあがり、それは自分自身で作ってきたものではなく、両親や学校の先生、友人、知人などから影響でできあがったもので、つまり他人から与えられたものなのです。その他人から与えられた「セルフイメージ」を何の抵抗もなく受け入れてしまってできたのが、今の自分自身なわけです。その与えられた「セルフイメージ」通りを演じているのです。「自分はこういう人間だ」というイメージに従って行動するので、どんなに努力したところで、それに逆らって行動することができないのです。例えば、“自分は社交的な人間だ”というセルフイメージを持っていれば、“知らない人と話をする”のも苦ではありませんが、逆に“自分は内向的だ”と考えていれば、どれだけのコミニュケーションスキルアップの本を読んだとしても、なかなか“知らない人と話をする”ことを克服することは難しいのです。
これは“知らない人と話をする”のが苦手だから、“自分は内向的だ”というイメージが作られているのではなく、”自分が内向的だ“と思っているから、知らない人と話をする時に緊張して上手くしゃべれなくなり、それでやっぱり自分は内向的だと思い込んでしまうサイクルがあるようです。
全て、スタートは「セルフイメージ」から始まっているからです。しかし、「セルフイメージ」は自分に好きなように作り替えることが可能なのです。ほとんどの人が自分の行動を変えようとしてもなかなか上手く行かいないのは、それが直接、外側の事を変えようとしているからで、自分の内側の事よりも、外側を変えようと努力するから難しいと理解すると楽になるはずです。
つまり「セフルイメージ」は今らでも変えることができるのです。年齢、性別等に関わらず、また気合いも努力も必要もありません。「セルフイメージ」にあった行動をし、新しいあなたを発見することは自然なことだからです。その一歩を踏み出してみましょう。毎日、幸せを感じて自分のゴールに向かっている感覚で過ごすことがいいイメージ作りになると思います。

カレンダー

«8月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31