イワサキ経営スタッフリレーブログ

2008年08月

2008.08.21

オリンピック雑感 ~高田博樹~

  四年に一度のオリンピックが現在北京で盛大に開催されている。開会式の様子はテレビで観たが、あそこまでキチットやられると社会主義国でなければ出来ないなと思った。あとから口パク問題やCG問題などいろいろ出てきたが、それはそれで素晴らしかったと思う。

 さて、日本選手の活躍だが種目によって色々なドラマが生まれている。まず水泳だが、これは選考会がきちっとしており、基本的に準決勝に残れるタイムを出した者を派遣しているため、ほぼ予想通りの結果が出ている。水泳は力の差がはっきりしており、ほぼエントリータイム通りの結果が出るのが普通であるが、今回はスピード社のレーザーレーサーが出たおかげで、世界新記録が続出した。水泳は個人種目で相手がいるわけではなく、また泳法違反をしない限り、タイム順で順位が決まる。すっきりしていて見ていて面白い。
 次に柔道だが、最近の柔道は見ていて面白くない。本来の柔道ではなくなり、ポイントを取った方が勝てる柔道になってしまった。柔道はやはり豪快な投げ技が決まらなければ面白くない。日本選手は勝たなければいけないという使命感のようなものがあり、自分で自分を極限まで追い込んでしまっている。水泳とは違い、相手がいるため思い通りの実力が出せないのは当然である。もう少しリラックスした気持ちで試合に臨めば違う結果が出ていたかもしれない。メダルを取ることは大変なことである。金メダルでなければだめだ、という感じで銀メダル・銅メダルを手にして悔しがっている日本人が多いが、もっと外国選手のように喜んでもいいと思う。その方が応援している方も気持ちがいい。
 シンクロが始まり、メダルを絶やしてはいけないといって頑張っているが、そんなに緊張しては取れるメダルも逃げてしまう。普段通りの演技をすれば結果はついてくるものだ。
日本選手の活躍を期待しすぎないで応援している。

2008.08.11

北京オリンピック開幕 ~山田憲義~

 いよいよ北京オリンピックが開幕しました。

204もの国と地域から1万人以上のアスリートが集まる開会式を見ながら、オリンピックがいかに壮大なスポーツの祭典であるかを改めて痛感させられました。
と同時に、開幕前から、チベット問題、聖火リレー妨害、環境問題、爆破、自爆テロ等、
今回の様々な問題を考えると、そもそも「オリンピックとは何なのか?」を考えさせられます。
「人類の共栄、文化の高揚、世界平和」
これこそ本来のオリンピック理念のはずです。
個人的には、今回の開会式は素晴らしい演出だったと思います。
中国はこれだけの演出ができる国なのです。
政治的にも、今後に期待しています!
また、主役である選手の皆さんには、それぞれに背負っているものがあり、ドラマがあると思います。
勝敗も気になるし、やっぱり日本人選手の成績は特に気になってしまいます。
(テレビを見ながら日本人選手を応援する自分にナショナリズムを感じてしまいますが・・・。)
しかし、選手の皆さんには、純粋に競技の最高レベルを競い合って、素晴らしい戦いを期待しております。
がんばれ世界のアスリート!!
そして、がんばれ日本!!

カレンダー

«8月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31