イワサキ経営スタッフリレーブログ

2020.10.30

過去会計から未来会計へ

 今までの監査(会計業務)は売上・経費から試算表を作成し毎月の数値を把握し検証、そこから自社の弱み強みをつかみ、月次決算をし、納税予測・正しい決算書を作成してきました。過去の数字から成り立つので会計業界では過去会計と言われています。イメージとしては決算書=通知表です。

未来会計は会計業界でMAS監査と呼ばれています(Management Advisory Serviceの略)。当社、株式会社イワサキ経営ではMAS監査をVIPコンサルと名付けています(Ⅴision Iwasaki Planning の略)。
MAS監査(VIPコンサル)は未来における自社のあるべき姿を描き、達成すべき具体的な数値目標を設定し現状との差を明確にする為にモニタリングをしながら観察、検証、戦略、戦術を考え決定し行動していくことです。モニタリングを始める前に、まずは中期経営計画を策定します。中期経営計画とは5カ年の事業計画です。理念や行動指針に基づいて方向性を示し戦略を考え5年後のあるべき姿を数値として目標設定します。目標設定する事で頭の中が整理され、課題が明確になります。計画自体は収入を生みませんが、理念や数値に基づいた質の高い行動計画を立てる事によってブレないで目標達成できる事ができるようになります。中期経営計画から次は単年度経営計画を立てます。この単年度経営計画に基づいて経営サイクルを確立し、毎月計画した数値を見ながら観察・検証、問題点を抽出し、それを改善しながら目標達成できる経営体質づくりを一緒に考えていくサービスです。
毎月の予実管理と先行管理のサポートにより、目標に対する実績の検証を行うので現状を認識でき資金繰りや改善点が明確になり安定した経営を行うことができます。イメージとしてはMAS監査=進学塾です。受験生と同じように目標達成の為に先行管理していくのです。
今後の経営には確実に未来のビジョンを持ちながら将来の計画・経営サイクルが重要になっていくと思います。経営者の皆様、是非MAS監査、未来会計にご興味頂ければと思います。
 
~高本 由美子~

カレンダー

«10月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31