イワサキ経営スタッフリレーブログ

2022.09.20

「投資」に対するイメージの変化

先日ある新聞の記事を目にして非常に驚くことがありました。金融広報中央委員会という組織が【家計の金融行動に関する世論調査】というものを定期的に実施しています。その中の『元本割れを起こす可能性があるが収益性が高いと見込まれる商品の保有』という調査において、長い間80%前後で推移してきた「保有しようとは全く思わない」という回答が50.3%に低下したというのです。

どういう事かと言うと、これまでは資産形成をする上で、収益を期待できるがリスクのある「投資」よりも、収益が期待できなくとも元本割れのない「預貯金」を選好する人が8割を占めていました。ところが、直近の調査では、預貯金を選好する人が5割まで低下したのです。

バブルが崩壊するまでは預貯金で資産形成が十分にできた成功体験、バブル崩壊により投資で損失を被った失敗の体験、バブル崩壊後、長く続いたデフレ、金融業界の商慣習等から、長い間、日本人にとって「投資」はお金持ちの道楽、もしくはもの好きの博打といったマイナスのイメージが定着してしまいました。そして多くの人の元本保証に対する、半ば信仰は揺ぎ無いものとなり、前述の元本割れの無い「預貯金」によって8割の人が資産形成をしてきました。

弊社が金融に携わるようになった20年程前から現在に至るまで、10人に2人しか受け入れてもらえなかったものが、半数の人が受け入れるようになったという事に隔世の感を禁じ得ません。また、今では当り前に聞く「長期・分散・積立投資」ですが、当時は勿論、10年前においても長期投資、分散投資を本気で顧客に勧める金融機関は無く、収益を生み難い「積立投資」に至っては皆無だったように思います。

小泉政権時に掲げた「貯蓄から投資へ」のスローガンから早20年。過去に投資ブーム(個人的にはマスメディアが作り上げた投機ブームだと思っています)は何度かありましたが、一過性のものではない「貯蓄から投資へ」が本格的に根付き、動き始めたように感じます。

最近、日本人が貧しくなったという話をよく耳にしますが、もっと早く「投資」が根付いていたら違った結果になっただろうと残念に思います。しかし、日本人の金融資産は2,000兆円あります。それが正しく「投資」に活用されれば、日本人は自信と豊かさを回復するのではないでしょうか。

イワサキ経営グループ FP課 志田将彦

カレンダー

«9月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30