イワサキ経営スタッフリレーブログ

2022.06.06

EQとは!?

2020年に行われた「世界経済フォーラム」において「2025年までに求められるビジネススキル」TOP15が発表され、その中で注目を浴びたのは、新型コロナウィルスの流行をきっかけに、一気に広まったITスキルやDXといったものとは対照的なスキルである「EQ」でした。

EQとはEmotional Intelligence Quotientの略で、感情知能や情動知能といわれるもので、感情と賢く生きていく力、つまり思考と感情を上手に組み合わせて適切な行動を導き、目指すべき成果を生む力のことを表します。ここで言う成果とは、仕事の成果をはじめ、自分らしく快適で豊かに生きていく人生全体の成果を意味します。そしてEQは生まれつきの才能や性質ではなく、開発してだれでも伸ばしていくことが可能です。

ビジネスにおいて、EQは多くの企業で注目され、EQを取り入れた社員の能力開発や組織開発の需要は非常に高まっています。

なぜ、EQが注目されているのでしょう?

私たち人間には常に感情があります。そして感情は思考や行動に影響を及ぼしていて、感情は人を動かします。例えば考えや理屈だけで行動したり、自分自身や人を動かそうとしても、必ずしも良い成果にはつながりません。「気持ちが付いていかない」「気が乗らない」などの言葉があるように、気持ち(感情)がそこに伴わなければ持てる力を十分に発揮することは難しくなります。同じ作業をする場合にも、仕方なく嫌々する時とワクワクしながらする時では、アウトプットに違いが出るのは想像するのに難くないと思います。

自己や他者の感情を理解し活用していくことは、最適な行動を導き出し、目指す成果を持続的に出していく上で大変重要なことです。

EQが高いビジネスパーソンの特徴として、

  1. 難しい局面でも感情の乱れに思考を阻害されない
  2. 他人の話を傾聴し共感できる
  3. ビジョンを示して、それに向かって周囲の人を動かしていける
  4. 衝動をコントロールして、感情の爆発や本能的な欲求を抑えることができる

等が挙げられます。

複雑で先行き不透明な現代、ビジネスパーソンには前例のない課題に取り組んだり、創造的なビジョンを描いて従来の枠組みを超えた人と繋がったり、変化を生き抜くチームを育てていくなど、多くの能力が求められるようになっています。

こうしたときにベースとなる能力、EQはますます欠かせないものと言えるでしょう。

イワサキ経営グループ 営業企画課 小林直己

カレンダー

«6月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30