イワサキ経営スタッフリレーブログ

2014.11.21

経営者の「思い」の大切さ ~栗原 徳生~

 本気で従業員に働いてもらうための条件は2つある。ひとつは、経営者の思いや理念が明確にされていること。もうひとつは、そこで示された「理念」が落とし込まれ、具現化されていることである。

いくら新人社員研修で「顧客第一」を叫んでみても配属された現場の雰囲気や先輩たちの態度、そして仕事の組み立てがそうなっていなければ、新人たちは巧みにその職場の仕事のレベルを察知し、それに合わせようとする。高い意欲を持って仕事に取り組もうと思っていた人ほど、現場の実態をみて「裏切られた」という感覚が強くなる反面、「これでいいのか」となり、仕事への意欲が一気に落ちる。
サービス業は「人」がすべてというとき、それは個々の人間の能力だけではなく、人が集団としてどれだけのパワーを発揮できるかにある。集団とは職場の雰囲気であり、これをいかに盛り上げマネージメントしていくかが、極めて重要になる。どんなに詳細に規定したマニュアルがあっても、そのマニュアルを使って仕事をするという意識がなければ、マニュアルは絵に描いた餅となる。そしてその意識は職場の「雰囲気」によって大きく左右される。
この雰囲気づくりが格段にうまいのがディズニーランドである。ディズニーランド内で働く全てのスタッフに、ウォルト・ディズニーの生涯や映画界での実績、ディズニーランドをどんな思いでつくったかということを、ビデオ等を使ってビジュアル豊かにプレゼンテーションされる。それはこれから働こうとするスタッフたちに「ディズニーランドとはどういうところなのか」「なにを思ってつくったのか」「キャストは何をすべきであり、何が期待されているのか」といったことを伝えるためである。
たった一日だけ働くスタッフであっても、会社がなにを考え、なぜその事業をやっていて、顧客に対して何を提供したいのかを伝えることが大切であり、「本気」で従業員に向き合う姿勢こそが重要だと考えているからである。
抽象的な理念を掲げるだけではなく、自分の店や会社が、正社員はもちろん、たった一日だけのアルバイトやパートにどれだけの「ストーリー」を語れるか、改めて考えていきたい。

カレンダー

«11月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30