セミナー情報

7/20 家族に託す新しい相続のカタチ〜家族信託とは〜(静岡)

2025年には高齢者の5分の1が認知症になると言われています。

認知症になる前にできる準備があります。

家族信託とは「大切な家族の資産を家族で守る」仕組みです。
資産をお持ちの方(委託者)が信頼できるご家族(受託者)に資産の管理を委託する契約を当事者間で交わします。
契約締結後はご家族(受託者)が信託財産の形式的な所有者となり、信託契約書の定める通りに資産の管理・運用・処分を行います。

信託する資産の種類も、またどのような目的で資産を管理するかも柔軟に設定できるのは、成年後見制度にない大きな特長です。

そんな「家族信託」を5年ぶりに分かりやすく説明します!

安心してセミナー受講して頂けるよう、 下記ウイルス感染防止対策を徹底します

  • 3密にならない配置、換気の徹底!
  • 講師と各スタッフはマスクを着用!
  • 会場に消毒液と予備マスクを準備!
  • 全スタッフと参加者皆様への検温!

開催概要

  • 日時:令和4年7月20日(水)10:00ー11:30(受付開始 9:40)
  • 会場:ツインメッセ静岡中央棟4階 会議室 409(静岡市駿河区曲金三丁目1-10)
  • 定員:25名様(要予約)
  • 講師:山田憲義(相続手続支援センター静岡 センター長)

お申し込み・お問い合わせ

相続手続支援センター静岡 TEL:054-287‐0056
ホームページからもお申し込みいただけます。

※お申し込みいただいた個人情報は、イワサキ経営グループのプライバシーポリシーによって管理いたします。