セミナー情報

10/22 家族に託す新しい相続のカタチ〜家族信託とは〜

2025年には高齢者の5分の1が認知症になると言われています。
認知症になる前にできる準備があります。

家族信託とは「大切な家族の資産を家族で守る」仕組みです。
資産をお持ちの方(委託者)が信頼できるご家族(受託者)に資産の管理を委託する契約を当事者間で交わします。
契約締結後はご家族(受託者)が信託財産の形式的な所有者となり、信託契約書の定める通りに資産の管理・運用・処分を行います。

信託する資産の種類も、またどのような目的で資産を管理するかも柔軟に設定できるのは、成年後見制度にない大きな特長です。

そんな「家族信託」を5年ぶりに分かりやすく説明します!

開催概要

  • 日時:10月22日(金)10:00〜11:30頃
  • 会場:プラサヴェルデ301号室(沼津市大手町1-1-4)
  • 参加費:無料
  • 定員:先着50名様
  • 新型コロナウイルス感染症予防対策へのご協力をお願いいたします。

お申し込み